システマチックな睡眠

ある程度生活のリズムを作ろうということでいつ寝るのかというのは眠くなったらと
考えているのですが起きる時は必ず睡眠時間を7時間に設定することにしました。
特に根拠があるわけではないのですがあまり寝すぎると体がだるくなって思考回路が
おかしくなってしまいますし、短すぎると起きてからもあまり集中することができないので
そういったことを含めて考えると自分には7時間が適正な睡眠時間かなと。
それで最初の3日間ぐらいは目覚ましをセットしてしっかり7時間で起きるように
していたのですが、4日目以降は目覚ましなんかなくても7時間で目覚めるようになりました。
ただ眠くなったら寝るというスタイルを取っているので起きる時間はだんだんずれこみます。
7時間睡眠なので17時間起きていれば毎日同じようなリズムを刻むことができるのですが
起きている時間は日に日に19時間とか20時間とか長くなっていきます。
そうすると日にちの感覚がよくわからなくなってきて最初は朝起きて夜眠る感じなのですが
段々ずれてくると夜に起きていて朝に眠る感じになってきます。
それで気が付いたらまた朝に起きるサイクルになってくるという感じですね。
なのでこの1サイクルを経験すると大体1日ぐらいの時差が発生します。
それはどうでもいいんですけど何か予定が入った時にそれに向けて時間を合わせるのが
とても面倒なのでもしかしたらこの方法は大きな欠陥を抱えているのかもしれません。
セロトニン 増やす サプリ

消費税が上がる前にしておくこと

消費税増税が決まってその前にやっておくべきことみたいなのが結構話題になっていますね。
太陽光発電の導入だとかお金がかかるものはもちろんですがスーパーなんかでも
増税の前に買い溜めしておきましょうみたいなポスターがでっかく貼られていて
さすがにそれにはビビりましたがやっておいたほうがいいこともあるでしょう。
逆にいうと仕掛ける側からみると何かのイベントがあって駆け込み需要があった
時はいいのですがその次の月とかになるとガクンと数字が落ちますよね。
ああいうのは結局その前と後でみればトントンになるのかなと思ったりしますが
実際にはどうなっているものなのか詳細を知りたかったりします。
そういえば車の買取りなんかも消費税増税の前に駆け込み需要があるみたいですね。
車を買うことを考えていれば確かに消費税が上がる前に買ったほうがいいのは
わかるのですが買取りに関して言えば後のほうがいいような気もするんですけど
その辺はどうなんですかね?
まあ新しい車を買うなら今乗っている車は売るというのが普通な流れですが
消費税増税の前に買ってそれまでに乗っていた車は増税後に売るとどうなるんでしょう?

車買取り店に愛車を売る場合

車を売ろうと考えた場合に、真っ先に検討してほしいのが車買取り店に売ることです。
一口に車買取り店と言っても誰でも知っているようなCMも流している大手の買取り店から
法人ではなく個人事業としてその地域に密着するような形で営んでいる買取り店もあります。
また、車の買取りだけを専門に行っている買い取り専門店から、買取りと同時に販売も
手がけている買取り店というのもあって実に様々です。
この中のどこに車を売るべきか?というのは売りたい車によっても変わってきます。
安心という点で見ると、大手の買取り業者のほうが社会的な信用という点ではあると思いますが
だからと言って必ず売りたい車を一番高く買い取ってくれるわけではないということです。
車買取りの大手の業者というとガリバーやアップル、ラビットなどがCMも流していて
認知度が高い業者ということができるでしょう。
車を売る時はこういった大手の買取り業者に査定を依頼してもらうということも大事ですが
それだけでなく、いろいろな業者に査定を依頼して比較するということが重要です。
そうすることで最終的には自分の納得する業者に売ることができるのです。
始めから一社だけと決めて車を持ち込んで査定をしてもらうとそのことを知った買取り店は
安く車を仕入れるためにいろいろな営業トークをしてきます。
それを聞いているうちに一社だけの査定なら納得してしまうかもしれませんが他の
買取り店の査定金額を知っていれば惑わされることなう自信を持っていられるのです。
車の売り方

タクシー移動を考える

この前実家から住んでいる家に戻る時に初めてタクシーの送迎を頼みました。
というのも普段からタクシーに乗るぐらいなら歩いたほうがマシだというケチくさい
考えと、タクシーの送迎というのは電話を掛けた時からそのタクシーが迎えに来る
間もメーターが動き続けているものだと思っていたので呼び寄せるタクシーが
遠くにいたらいくら払わされるのかわからん!という意味不明な考えがあったわけです。
明らかに勘違いをしているのですがそれに気が付いたのがついこの前だったのです。
いつもは誰かしらが駅まで送ってくれるのですがその日は全員お酒が入っているので
誰も車を運転することができないということで仕方がないのでタクシーを呼びました。
大体駅から実家に帰るまではギリギリワンメーターという感じでちょっと運が悪いと
プラス一段階ぐらいで送迎とかになると2000円ぐらいかかるのかと思ったら
駅について料金を支払うと1000円しないぐらいでした。
そう、ほぼ駅から実家まで乗るのと変わらないことにその時気が付いたのです。
よく考えるともっと領収書を作らないといけないのでタクシーを使ってもいいのですが
どうしてもタクシー移動というのが好きになれないというか癖になったらどうしようという
恐怖感があってダメなんですよね。

カーディガンを縮ませる

ちょっと前にニットのカーディガンを買ったのですが着てみると微妙に大きい気がします。
大きすぎて着たらおかしいとまではいかないわけですがきっともう少し小さいほうが
ジャストサイズになるのになんて考えていたわけです。
そんなにカーディガンを着ることはなかったのですがそういえば高校の時はブレザーと
一緒によく着ていたことを思い出し、その時も着ていると徐々に伸びてくるのでまめに
洗濯をして縮ませていたことがあったわけです。
その時のことを思い出して洗濯すればちょっと縮むのではないかという結論に至りました。
一応不安を拭うためにネットでも調べてみると結構同じ考えの人も多いようです。
実際に普通に洗うと縮んでしまうのでいろいろな条件を付けたりしているそうです。
どちらかというと縮まないように努力をするのが普通みたいですね。
なんか洗濯をすると確かに縮むのは縮むけど絶対に自分が思うようになるわけはないという
ネガティブな意見を見ながらも一度気になりだすとやらないと気が済まないのでさっそく
100円均一に行ってカーディガンを入れるネットを買ってきて実験してみました。
ただ乾燥機かけるだけでも縮むとあったのですがそのやり方がわからなかったので
普通に洗濯をしてそのまま乾燥させると若干フワフワ感がなくなったもののしっかり縮んでいました。
不眠症の治し方

脳の準備運動

なんか準備期間だとか言いながらダラダラとやっていた時はよかったんですが、
いざ何かを始めようという段階になると実はそれじゃ足りないよって話ですよね。
そんなわけでこれまで大してやる気もなかったのですが期限が設定されたのでちょっと
本腰を入れて動いていかないといけなくなりました。
昔から追い込まれていないとあまりやる気が出なかったのですが、そんなことも
言っていられない状況のような感じなのでストイックになって始めようと思います。
でもこんな風になんでもないようなことをバッと書いていくという作業もこれだけ
繰り返していると段々早くなってきているのが自分でもわかるのが驚きです。
なんとなくやっている時とある程度設定があってそれに合わせるようにやるのとでは
こんなにも時間に差が出るもんなんだなと。
まあ本当であればこんなことを自分でやる必要もないと言われそうなことだけど
自分の中ではまるで運動を始める前の準備運動のような位置付けになっているわけです。
なにもせずにいきなり頭を使って考える作業をすると脳がビックリしちゃいますからね。
買取りできない車