バストの下垂の原因とは?

バストの下垂の大きな原因は、「クーパー靭帯」が伸びたり切れてしまうことです。
一度、クーパー靭帯が伸びたり切れてしまうと垂れた胸は元に戻ることができないばかりかどんどん垂れてしまいます。
乳腺を支える役割があるクーパー靭帯が伸びたり切れたりする原因には、ランニング等で胸を揺らしているということが挙げられます。
走ったりすると、激しく胸が揺れるのをどなたでも経験したことがあるでしょう。
なんとなく胸に悪そうだなと感じている方も多いと思いますが、実際に下垂の原因になってしまいます。
また、胸の土台になっている大胸筋の衰えもバスト下垂の原因になります。
大胸筋は、バストを上げたり寄せたりする働きも持っています。
簡単なストレッチで大胸筋を鍛えることも可能です。
大胸筋を鍛えると、必然的にクーパー靭帯も強くなり伸びにくくなり、美しいバストを保ちやすくなります。
また、適当なサイズのブラジャーを購入してしまうのもNGです。
体型は加齢とともに変化します。
仮に体重が変わらなくても、トップとアンダーのサイズは変化している可能性もあります。
下着を購入する前にお店の方に測ってもらい、適切なブラジャーのサイズを定期的に把握するのも大切です。
きついブラジャーをしていると血行が悪くなって胸も小さくなりやすくなります。
緩すぎるブラジャーをつけていると脂肪が流れてしまいます。
クレンズフードのオススメ