眼鏡があるときとないときの違い

私は小さい頃から目が悪いのですが基本的にテレビを見る時や映画を見る時しか眼鏡をかけることがありません。
なので、家にいるときもあまり眼鏡をかけていません。
先日、部屋の掃除を一通り行い綺麗になったと思っていたのですがたまたま眼鏡をかけたまま移動をしていると細かいほこりなどが隠れていることに気づきました。
私の性格上、気づかなければどうってことはないと考えていたりするのですが一度気になってしまうと最後まで気になってしまいがちなところがあります。
結局その後気になった部分は綺麗に拭き掃除を行いました。
このように生活の中で眼鏡があるときとないときによって様々な違いが生まれてきます。
他にも本当に時々ではありますが、ファッションとして眼鏡をかけることがあり、度なし眼鏡を所持していないのでいつも使用している眼鏡をかけてでかけるのですが、人混みに入ってしまうといつも以上に他の人と目が合っているように気がして落ち着かなかったりします。
見なければいい話ではあるのですがどうしても違和感を覚えてしまうことがあります。
本当に些細な事ではありますが、眼鏡を使う場面によって慣れている感覚が変わってしまったりするので、考えて使用する必要があると思いました。
あなたの街の借金相談ダイヤル